結果的にメンタルの記録が多い

ビジネススキルを伸ばすための実践記録とWEB・スマホ開発など仕事のはなし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

もうやめようか・・・

プレッシャーが限度に近くなると、誰でもこんなふうに考えると思います。
これに対して、先日紹介した「スタンフォードの自分を変える教室」では、
「自分の心や身体が何を感じているかを冷静に観察する」
ことの効果が議論されてました。

要はプレッシャーを感じているときに、対外的な原因ばかり探るのではなく
単純に自分が感じている感情を意識することが、
自分の思考や感情を乗り越えるうえで大きな効果がある。
ということでした。

想い出すと、実は2か月ほど前にこれを身体で体験したことがあります。

仕事でのプレッシャーがひどく、
一日中恐怖でドキドキしながら仕事をこなしていたときの夜中の帰り道、
道の途中の小高い丘の上にある公園の隅に
大きくて真っ暗なお墓があるんですが、ふと
「このお墓の中を端から端まで歩こう」
と思い立ちました。

普段ならこんな無意味で不気味なことはやらないんだけど、
その時はとにかくプロジェクトの日程、不具合に対する恐怖が酷かったので
別の恐怖体験をすれば、プロジェクトに対する恐怖が分散されて楽になるかもしれない・・
むしろ「幽霊出てきてくれ・・」
そんな思いで真っ暗なお墓の中に入りました。

そして案の定、お墓に対しての恐怖はまっっったく感じませんでした。
至って平常心でお墓の中を歩いているとき
「あぁ、おれはいま真っ暗なお墓の中で恐怖を感じないくらい仕事で恐怖を感じてるのか・・」
と冷静に思った時、気持ちが楽になった感覚がありました。

要は、自分の気持ちを他人が理解してくれたり共感してくれたりするとうれしいように、
自分の気持ちを自分で理解すると感情は喜び、リラックスするのかもしれません。

普段から自分の心や身体が何を感じているか意識することで、
気持ちを良い意味でリラックスさせてパフォーマンスを上げていこうかと思います。
スポンサーサイト
  1. 2013/03/01(金) 08:29:36|
  2. メンタル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<伝染 | ホーム | スタンフォードの自分を変える教室>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takezoumurakami.blog101.fc2.com/tb.php/91-b9fc3a0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。