結果的にメンタルの記録が多い

ビジネススキルを伸ばすための実践記録とWEB・スマホ開発など仕事のはなし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

HTML5の特徴!

明日、5月25日にビッグサイトで開催されるワイヤレスジャパンという展示会に行ってきます。
(http://www8.ric.co.jp/expo/wj/)

そこで最近話題のHTML5の技術動向セミナーに出席予定なこともあって、

HTML5の最新ニュースについて情報収集しようとしましたが、

意外と新しいニュースが見当たりません。

うーん。「HTML5」がここ数年騒がれてるけど、

そもそもユーザーから見たHTML5の特徴って何だっけ?

よく

「Flashにとって変わるリッチでダイナミックなユーザーインターフェイス」

と称されることも多いですが、

それはあくまでソフトを実装する側の人が

「HTMLに比べて簡単に」できることと

「AppleがFlashに対応してない」ので爆発的に売れているiPhoneにWebページを対応させるために必要

という側面が大きく、あくまで開発者側の視点での議論が多い気がします。

つまり

「ユーザーから見て何が新しいの?」

って考えるとなんだろう?

考えるほど

「別にFlashでいいじゃん・・」

と思ってしまいます。

長々と調べたり考えてみた結果、一番大きなインパクトは

・プラットフォーム(例えばスマートフォンのOS)の違いを全く意識せずに共通のソースコードで
 (WEB)アプリを開発できる!

だとういう結論に。

どういうことかと言うと、

HTML5で書かれたアプリケーションと言うのは

Webページに置かれたHTML5(JavaScript含む)をWebブラウザが読み込んで

Webブラウザが実行する

という仕組みで動いています。

つまりはAndroidだろうがiPhoneだろうがBlackBerryだろうが

製品のWebブラウザがHTML5に対応さえしていれば、

1つのHTML5ファイルで異なるプラットフォーム上で同じようにアプリを動かすことができるということです。

そしてHTML5では、デバイスドライバ(例えばセンサー類)からの情報もデータを取得できるので(ここも重要)

例えばAndroidOSを搭載したGoogleTVのリモコンでゲームができる

なんていうアプリを作ってWeb上に置いておけば、

ユーザーはそこにアクセスだけすれば何も考えずにそれを自由に使うことができる。ということになります。

これは結構インパクトが大きい気がします。


ところが現状ではまだAndroid製品は世に出始めたばかりで、GoogleTVだって

「持っている」と言う人には一人しか会ったことが無い。

更に企業で使われるブラウザはセキュリティの都合上、

実績のある古いブラウザしか使えないことも多く、

HTML5で書かれたサイト・アプリがあっても読み込めない・・

そんな感じでまだ日の目を見るのはもう少し先かもしれないけど、

今後の動向に注目だ。

明日はどんな講演が聞けるか楽しみです。
スポンサーサイト
  1. 2011/05/23(月) 23:40:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ワイヤレスジャパンでHTML5 | ホーム | ディズニーランド楽しかっただけ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takezoumurakami.blog101.fc2.com/tb.php/9-320505c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。