結果的にメンタルの記録が多い

ビジネススキルを伸ばすための実践記録とWEB・スマホ開発など仕事のはなし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

最悪の事態

昨日はちょっとした試練の日でした。
先日はフォーカスの効果について書いたけど、毎日100%安定して気持ちよく過ごせるわけもなく、やっぱり試練はやってくる。

先日はちょっとした調査の漏れがあって、結果によっては設計を変更する必要が出てくる状況になりました。そして設計変更するタイミングとしては遅すぎる・・

調査の結果が出てくるまで恐怖の只中にいました。
朝から身体は緊張しまくり、嫁さんから「どうしたの?!」と聞かれてしまうくらい表情がこわばっていたみたいです。

最悪の気分のまま出社して、調査をまとめていると・・
やっぱり・・最悪の結果・・設計を変更する必要がある・・すぐに皆に情報展開しないと・・
そしてすぐに課長へ報告。課長から他チームへも即座に情報展開。

こんな最悪な一日の始まりでしたが、学ぶ点も多かったです。
こんな緊張の中でも自分の思考をコントロールする方法として有効なのが

①諦める
②心配事を公にしてしまう(バラす)

「諦める」とは
ここのところ会社ではうまくいかないことが多い中での失敗だったので、僕の心は結構な追い込まれ具合でした。そしてプレッシャーが最高潮に達した時「こりゃダメだ・・」と判断し「これまでの自分の結果を振り返ると、このプロジェクトを進めていく自信が無い。自分を主担当から外してほしい」と上司に掛け合おうとひそかに心の中で計画しました。するとその瞬間から心がすごく軽くなって、頭も鮮明になっていくのがわかりました。

諦める、義務を放棄するということが逆に、必要以上に重くなった自分の心を軽くして身軽にするという意味で自分にとってはプラスになったようです。


「心配事を公にしてしまう(バラす)」とは
これはいうまでもなく、自分の中で抱えている心配事を、少し勇気を出してバラしてしまう。
昔、とても仕事ができて人格者でもある当時のグループリーダーにミーティング中に一通り報告を終えた後
「心配事は無い?抱えてる毒は全部ゲロしてスッキリしちゃって下さい」
と言われ、どうでも良いことから気が重いことまで話してすごくスッキリしてその後の仕事のしやすさも格段に違ったことをよく憶えてます。
今回もそれに似たケースかもしれません。


あと重要なのが、結局一番苦しんでたのは「会社に出社する前」だったということ。
嫌なこと心配事を勝手に想像して思い悩んだりパニックになるのは、トラブルに直面してそれを受け入れること自体よりも苦しいことだというのがよくわかりました。

今回のような大きなトラブルでも、直面してしまえばこの程度だと思えば、今度はもっと楽かつ前向きに対処できるかな・・

スポンサーサイト
  1. 2013/01/24(木) 08:33:19|
  2. メンタル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<書くことが・・・ | ホーム | 01/20のツイートまとめ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takezoumurakami.blog101.fc2.com/tb.php/78-e77ab78b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。