結果的にメンタルの記録が多い

ビジネススキルを伸ばすための実践記録とWEB・スマホ開発など仕事のはなし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

会社での仕事のプレッシャーにやられたとき


前の記事では、ここ2週間ほど
「朝の目覚めが悪い」→「自分のライフワークであるWEB開発の足を引っ張る」
そして朝の目覚めのワルさは

1.会社での仕事のプレッシャーにやられている
2.夜中(寝る直前)の食事と酒

この二つが原因であることを書きました。
そして2番目の「夜中(寝る直前)の食事と酒」については、
対策することで今朝は劇的にスッキリと目覚めることができたことについても書きました。

今回は2番の「会社での仕事のプレッシャー」対策。
こちらの方がはるかに大きくて重い課題ですね。
こちらの方は毎日試行錯誤しながら少しずつ実践していこうと思います。

最近自分が実践してるのは

・良いことにフォーカスする
・強制的に身体を動かす

この二つです。

「良いことにフォーカスする」とは
プレッシャー(リスク)のある仕事をしてるときというのは、
どうしても失敗した時が怖いので
「こうなったらどうしよう・・」「このままいくとヤバい・・」
という、「自分が望まない結果ばかり考える」ことをしがちです。
もちろん、最悪の状況を想定しておくことは重要ですが、
このことを四六時中考えていては良い仕事ができるとは思えない。

なので、一度最悪の状況を想像したらその状況を受け入れて
(僕の場合は「べつにそれが起きても逮捕されたり死んだりはしないし、いっか」と考えます)
あとは、自分が望む姿を想像するようにします。

短期的な望む姿でも、長期的な望む姿でも良いと思います。
僕の場合は長期的な目標で
「静かな森の中の別荘で、伸び伸びと創作活動に熱中している姿」
を想像します(笑)

こういうことってバカにしがちだけど、最近はすごく重要なことだと感じてます。
自分の仕事の結果は自分の行動の結果、
自分の行動は自分の選択の結果、
自分の選択は思考の結果。
つまりは、自分の仕事の結果のおおもとは自分の思考なのだと当たり前のように思います。

そしてその思考というのはすごく複雑で、
「会社へ出勤する」という一つの行動の選択をとってみても
「結果を出したい」「面倒くさい」「遊びたい」「苦手な人に会いたくない」
「スキルを伸ばしたい」「辞めたい」など様々な気持ちが無意識の中でバランスしあった結果
「会社へ出勤する」という選択を、意識・無意識問わず自分の思考が行っていると思います。

であれば、前向きな行動につながるように、自分の望む姿を想像し
そこにフォーカスするというのは理にかなっていると強く思っています。

「強制的に身体を動かす」とは
望む姿にフォーカスしても、それでも恐怖で萎縮したりやる気が出ないときも当然あります。
こんな時は「まず身体を動かしてみる」と意外と前向きな気持ちになったりします。

僕が普段気を付けてるのは、
プレッシャーで押しつぶされそうになったときなんかは昼休みには寝たくなるんですが、
あえて外へ散歩へ出たり、家ではキビキビと家族の布団を片づけたりするとかなり気持ちが軽くなります。
このブログもそうです。
手を動かすことで気持ちが落ち着くし、気持ちが整理されたりもするので今後も続けていきます。


スポンサーサイト
  1. 2013/01/17(木) 08:27:02|
  2. メンタル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<フォーカスの効果 | ホーム | 心と身体のダルさを解消>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takezoumurakami.blog101.fc2.com/tb.php/72-e534c807
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。