結果的にメンタルの記録が多い

ビジネススキルを伸ばすための実践記録とWEB・スマホ開発など仕事のはなし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

手品のように課題がすり替わる

数日前に他部門との打ち合わせの中で、
僕が設計を担当してる箇所で大きめの問題が発覚しました。
それを解決するためには自分のグループ単独ではできないことが判明したので、
一旦その問題は持ち帰り、更に別の部門に対して依頼をする打ち合わせを
別途開催する必要が出てきました。

その依頼内容というのが、相手の部門から見れば
「うちでは解決できないからオタクで解決してね❤」
とも受け止められかねない、なんとも頼みづらい内容のものでした。
しかもそれなりに緊急だったので、後回しにすることもできず前日から気が重かったんだけど、
「こういう時こそ成長の機会だ。って先生も言ってたよな」
と素直に受け止め、相手が納得できるようにな資料を急いで作って打ち合わせに臨みました。

資料の中のヘンな文章の表現に爆笑されたりしながらも、どもりながらも
いつもより自信あり気に、表情と目線に気遣い、歯切れよく話すように心がけて
なんとか理解してもらえた。よかった・・・ほんとうによかったよ・・・

ただ、相手部門の担当者から
「一点だけ納得できないです。
これではユーザーにとっては不都合なケースが出てくるリスクがありますよね。
そんなのあり得ないと思いますよ。
○○の対策を施す方が良いので、こっちを優先させたいです」
と別の提案を受けました。
その提案内容は確かに一番理想的なんだけど、
それを実行するには相手の対応も一番しんどくなります。

え?でも対応してくれるならそれが一番ベストなのは間違いない。
相手部門の担当者はなんて志が高いんだ!
しかも打ち合わせ時間もピッタリ昼休みに入ったタイミングで終了。
俺達もなかなかやるじゃないかと、ちょっと充実を感じながら席に戻り
昼休みにはWEB開発に集中できました。

昼休みが終わるとすぐに上司に報告。
「なんとか受け入れてもらえました。」
「どうすることにしたの?」
「○○の対策をやってもらえることになりました」

するとまた今日も上司の顔色がみるみるうちに変わると同時に、自分の声のトーンも落ちてゆく。
「ちょっと待ってよ。それ思い切り課題がすり替わってるじゃん」
上司に指摘されて、あれ?そうなの?その場ではベストだってみんな言ってたよ。。

頭をグルグルさせながら考えると、確かにそうだ。。
打ち合わせの前後で(自分の中で)課題がすり替わってました。
しかも抜本的に思い切って。

こういう課題のすり替わりって、目先ばかり考えながら進めてると本当によく起こります。

例えば、、、
飲み会(合コン?)に行ったとき、
1人がものすごく自分好みのコだったとして、
しかもそのコは一番離れた席に座って楽しそうに話している。
自分の正面に座ってるコはそれほど自分好みではない。
正面のコはありがたいことに自分のことを気に入ってくれている様子。

さらに驚いたことに、正面のコが
「飲み会終わったらうちに来ない?」
と誘ってくれた。素直にうれしい。
でも最近仕事が忙しく明日も休出だし、一番離れた好みのコだってまだ望みはあるかもしれない。

やっぱりちょっと気が進まないので
「いやー、すごく行きたいんだけど今メチャクチャ仕事忙しくて・・明日も仕事でさ・・」
とそれとなく断ってしまう。

そして正面のコがトイレに行ってる間に勇気を出して遠く離れた席の好みのコに話しかけてみる。
するとどうだろう。こんなにも趣味が合うことなんてあるの?!
って思うくらい趣味が合い、話が弾んでしまう。
「最近、カッコいい彼氏もいなくてつまんなくて・・・彼氏欲しい~」
「おれもさ!!」

さらに驚いたことに、
「飲み会終わったらうちに来ない?」
と誘ってくれた。

飲み会が終わる頃には有頂天になって主催者である先輩の席に行って小声で
「やりましたよ!!一番離れた席のかわいい子が今日うちに来ない?って誘ってくれました!」
と報告すると、先輩の顔色がみるみる変わり
「ちょっと待てよ。さっきお前の正面のコには「明日仕事だから」って断ってたじゃねぇか!
あのコおれの友達だぞ。しかもさっきあのコはお前のこと
「仕事に一生懸命で更にステキ」って褒めてたんだぞ!お前サイテーだな!」
と叱責されてしまいます。

つまり、正面の席のコに対しては
「あなたの家に行きたいのに、仕事があまりにも忙しいので行けない」
という課題を主張してたのに
離れた席の好みのコと話すときには
「彼女が欲しい」
という別の課題にすり替わってます。

重要なところは両方とも少なくとも嘘はついていないし、事実だという点です。
両方とも事実なのにスジが通せない。つじつまが合わない。
たとえ飲み会メンバーという小さな組織であったとしても、
組織が絡むと、こういう政治的な事情は本当にやっかいです。

で、何の話だっけ・・
話がダラダラと長いのと、
話してるうちにすぐに課題がすり替わることが僕の課題ということのようです。
スポンサーサイト
  1. 2012/12/22(土) 21:53:54|
  2. コミュニケーションスキル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<男性と女性の違い | ホーム | 勇気を出して初めての告白>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takezoumurakami.blog101.fc2.com/tb.php/49-716a4da0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。