結果的にメンタルの記録が多い

ビジネススキルを伸ばすための実践記録とWEB・スマホ開発など仕事のはなし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

コミュニケーショントレーニング(2012/12/16)

今日のコミュニケーショントレーニングは
「信頼関係を構築する効果的な傾聴力」。
以前に受講したことがあるので、受講するのは今日で2回目です。

要は
「相手が安心して本音で話ができるように、主体的に聴く」ための具体的なノウハウと考え方。
という内容でした。

前半は
「相手が話した内容を復唱する」
「口角を上げて、明るい表情になるよう気遣う」
「姿勢は前傾で、手は机の上で軽く組む」
という内容がいきなり来るので、前回初めて受講した時には正直なところ
「そんな表面的な話はどうでもいい!!」
「もっと理論的で本質的な内容を勉強させろ!!」なんて
かなり反感を持ちながら受講していました。

そして、コミュニケーショントレーニングは、
初めて受講するとそのように感じるものも多いのも事実です。
でも、講師の人は
「皆バカにしてやろうとしない。だからできるようにならない」
ということもよく言っていたし、受講してから若干月日が経って(約2か月)
講師の真意や誠意、人柄が少しずつわかってから自分の意識も変わっているように思います。

確かに、やり方がわからないから勉強してるはずなのに、できないときに限って
「この手法は具体的でない」
「やるならもっと論理的にやるべき」
なんて何もしないで批判することが本当に多い。

今日は内容も(前回と同じはずなのに)すごく面白く感じたし、
やっぱり少しずついい方向に向かってるのかもしれません。

話は変わって、最近オリジナルのWEBサービスを創り始めたんだけど、
デザインに絡むところもちょっと本格的にやってみようと思い、
カッコいいWEBサイトを参考に実装を試行錯誤してます。

そして、ちょっとカッコいい画像なんかを貼ってみたりしてもなんか違う・・・
どう見てもカッコよくない。
改めてカッコいいサイトと比べても何がどう違うのか、言葉で明確に表せないんです。
で、デザインの教科書なんかを読んでみると、
「メニューボタンなどのUI(ユーザーインターフェイス)の配置は各ページで極力統一する」
「機能とUIの色の関係も統一性を持たせる」
「カラーチャートに従って配色する」
なんて読んでいて若干退屈に感じるような細かいことが書いてあります。

要はWEBデザインのような一見クリエイティブなスキルが求められそうな技術であっても、
取るに足らないような細部の気配りの積み上げで成立してる。基本部分は。
ということがよくわかります。
だからカッコいいサイトと、カッコいいサイトを真似たダサい自分のサイトを比べても
決定的な違いを一言で説明できないんでしょうね。
コミュニケーショントレーニングで習っていることとの共通点が見つかって、
ちょっと腹に落ちてきた気がします。

やっぱり対象が何であっても、共通項を見つけ出すのは気持ちが良いです。
これもコミュニケーションで相手に共感したり共通の趣味を見つけるとうれしいのと共通してるのかもしれません(表現がわかりづらい)
スポンサーサイト
  1. 2012/12/16(日) 16:17:06|
  2. コミュニケーションスキル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ヘンな人で良い | ホーム | イメージ化と言語化 どっちが得意?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takezoumurakami.blog101.fc2.com/tb.php/40-b9f56871
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。