結果的にメンタルの記録が多い

ビジネススキルを伸ばすための実践記録とWEB・スマホ開発など仕事のはなし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

コミュニケーショントレーニング2(2012/12/8)

昨日の続きです。
「聴く力実践トレーニング」で与えられたシチュエーションの中の一つに
「その日の仕事が片付いていなくても、放り出して定時で帰宅してしまう」
という問題行動を持った部下に対して、上司がその行動を主体的に改めるように導く
というものがありました。

僕が上司役、若い男の人が部下役でシミュレーションスタート。
こんなやり取りが始まりました(かなり端折ってます)

上司(僕):○○さん、最近の仕事の調子はどうですか?

部下   :結構忙しいですが、最近は定時で帰ることも多いですね。

上司(僕):定時で帰れるようにマネジメントすることはとても重要ですよ。
      ただ、○○さんの場合は、仕事が片付けずに次の日に後回しにする傾向がみられるようですね。
      以前はこんなことなかったと思うんだけど、何か理由があるんですか?

部下   :いや、実は最近異業種交流会に顔を出すようになりまして、
      そこで色々な人と知り合うのが、すごく勉強になるし刺激的なんですよ!

上司(僕):それは良いですね。会社の外で人脈を作ったり、勉強したりする機会を自ら作るのは
      なかなかできないことですよ。
      そうやって勉強するということは、その先に何か目標があるんですね?

部下   :まあ、そうですね。というか自分を高められるし、楽しいからでしょうか。

上司(僕):前に「早く部下が持てるように力をつけたい」と言ってたけど、
      それに関係してるわけではないの?

部下   :まあ、楽しいからですね。

上司(僕):そうすると、「今のままで良い」ということ?

部下   :そういうわけじゃないんですけど。。。
      実はこないだ、仕事で失敗したことに対して、部長にすごく怒鳴られてしまって。
      最近仕事のモチベーションが下がり気味っていうのがあるんですよね。

上司(僕):そんなことがあったんですか。それで最近は自信が無くなっていたんですね。
      でも、このままの状態が続くとどうなりますか?

こんなやり取りを繰り返しているうちにタイムアウト。
とにかく、仕事をほったらかして帰宅してしまうことを問題として自覚させるように
一生懸命質問を考え、汗をかきました。

タイムアウトの後は、部下役の人が上司役に対して、
部下の状況を把握できるように質問が出来ていたか?等のフィードバックをくれるんだけど、
そのフィードバックがとても印象に残りました。

相手の人が指摘してくれたのは
「部下にとっての問題は、部長にこっぴどく怒られて自信とやる気を失ってしまっていること。
そこへ、一生懸命に「仕事を後回しにすること」にばかりフォーカスされている感じがした。」
という内容でした。

確かに、
上司としての自分にとっての課題認識(部下が仕事を後回しにすること)と、部下の課題認識(怒られたことでやる気が低下していること)にずれがあるということに
指摘されて初めて気が付きました。

やり取りをしてる間は、必死で全く気付かなかったです。

こういうことって、本当に多いんだろうな。と感心してしまったけど、
一度実感すると、「相手との課題認識がずれていないか?」を考えながら話をするようにすれば
結果がだいぶ変わってくることもあるかもしれないと、
改めて書いてみると、ごく当たり前のことを実感できた内容でした。
スポンサーサイト
  1. 2012/12/08(土) 22:54:31|
  2. コミュニケーションスキル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<コミュニケーショントレーニング(2012/12/9) | ホーム | コミュニケーショントレーニング(2012/12/8)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takezoumurakami.blog101.fc2.com/tb.php/32-9aec9b16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。