結果的にメンタルの記録が多い

ビジネススキルを伸ばすための実践記録とWEB・スマホ開発など仕事のはなし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

寝てしまっても自宅まで送迎

タクシー配車のスマホアプリです。

これは良い機能だと感じました。



スマートフォンアプリの地図上で目的地を入力すると、

自分が今いる位置に近いタクシーを選んで自動で呼んでくれる。

GPSを有効に利用してます。

呼ばれたタクシーは呼ばれた時点でお客さんがどこに行きたいか分かっているので

行き先を説明する必要もない。

何でもないようなことだけど、小心者で口下手、方向音痴な自分は、

行き先を告げた後に運転手さんから

「さて、どの道で行きますか?」

と返されるとそれだけで焦ります。なんか試されてるような気になる。

でもこれさえあればデータが送られた時点で行き先情報は届いているし、

その情報をナビに自動で取り込んで道順を示すくらい簡単にできるはずなので、

少なくとも

「どの道で行きますか?」

アタックは逃れられる。


もう一点良いと思ったのが

・ユーザー登録が不要

なところ。

最近は無料は当たり前、無料の代わりにユーザー登録しているうちに

ユーザー名とパスワード、加入しているサービスが把握しきれなくなったり、

やたらと見覚えのないメルマガが頻繁に送り続けられたりすることがあるので、

ユーザー登録が必要なことが分かった時点で画面を閉じてしまうのは誰でも経験あると思います。

でもユーザー登録が不要であればそんな心配はいりません。

更にビジネス視点で良いと思ったのは、

何よりタクシーの端末にデータが蓄積され、

マーケティングデータが勝手に収集できる点。

「いつ、どこに行けば上客が拾えるか」

という情報は優秀な運転手さんの頭の中や

タクシー会社のノウハウとして蓄積されているんだろうけど、

このシステムだと客観的なデータとして自動で残るので有利。

「いつ、どこに行けばお客さんが拾えるか」

に頭を絞っていたところを

「どうやったらお客さんが満足するか」

にシフトできるような気がします。

そろそろ眠いので寝ます・・

明日も頑張るぞー。

ッシャー!!

スポンサーサイト
  1. 2011/04/27(水) 21:49:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<スマートフォンとクラウド | ホーム | FaceBookの活用法>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takezoumurakami.blog101.fc2.com/tb.php/2-337230b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。