結果的にメンタルの記録が多い

ビジネススキルを伸ばすための実践記録とWEB・スマホ開発など仕事のはなし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

音楽もクラウドへ

Appleがインターネット越しでの音楽ファイルの保存、再生、管理を可能とするクラウドサービス

「iクラウド」

を発表したようです。

これまでもインターネット経由で音楽配信を行うサービスは前からたくさんあったけど

この場合は、ダウンロードした音楽ファイルをPCのハードディスクやケータイのメモリ等に保存して

それを使いまわすというやり方がメインでした(自分自身は使ったこと無いけど)。

iクラウドの新しいところは、ユーザーは楽曲を購入する時だけでなく、

購入した楽曲の保存、管理もインターネット側で行うため、

インターネットに接続できれば

iPod等のプレイヤーに何もデータが入っていなくても普段自分が聞いている音楽を聴けたり、

ボタンひとつで仲の良い友達と楽曲を共有したりすることも

(著作権絡みの問題は置いておけば)簡単にできる。

だから何?という気がしなくもないけど、

それは自分が普段からそれほど音楽を聴く習慣が無いからかもしれない。

Appleとしては今後、映画、ドラマ等映像コンテンツもクラウドサービスとして展開していくつもりだろうから

(ジョブズさんは昔Appleをクビになったあと、「ピクサー」という映画会社を設立している。

ピクサーは「トイストーリー」などCGアニメのヒット作品を多数リリースしている製作スタジオなので

ハリウッド界にも顔が広い)

映画好きの自分としては楽しみです。

友達の家で映画の話をしているときなどに自分が観て面白かった(逆につまらなかった)映画を友達に

勧めたり、勧められたりするときにその場で観れたり

旅行先でお気に入りを見ることもできるので・・・

ただ、心配なのが帯域。

これだけ3GやWiFiが普及して、皆がネットワークに接続して電波が飛び交ってしまった状態で

本当に健全な通信ができるのか?と心配になってしまいます。

現に会社で無線LANに接続すると最近はやたらと通信が重いことがあるみたいだし。

今後はここに重い3D映像コンテンツまで加わってしまって、

皆がインターネット越しのサービスを利用したらどうなるのか?

と一抹の不安を感じながら、これから家族で出かけてきます。




スポンサーサイト
  1. 2011/06/05(日) 11:58:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<FaceBookとmixiの比較 | ホーム | セキュリティー部門長は高校生>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takezoumurakami.blog101.fc2.com/tb.php/13-078aa791
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。