結果的にメンタルの記録が多い

ビジネススキルを伸ばすための実践記録とWEB・スマホ開発など仕事のはなし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

論理的に考える技術 出口汪(著)

論理的に考える技術 出口汪(著)

論理的な思考よりも直観的、感覚的な思考が多い僕は問題や課題の扱いが苦手。
「論理思考」というと、どうも無機質で面白味のないイメージを持っているせいか、
(仕事で求められるにも拘らず)自分の中で軽視している部分があるのが苦手な理由の一つです。
でも「大人の世界」は基本的に「論理の世界」なので
論理に弱いと損をしたり認められないことも多いのでなんとかしたい。

そのために今までも何冊か論理思考の本を読んでみて勉強してはみたけれど、
「なるほど」と思って本に書いてあることを実践してみても、
どうもしっくり来ず、すぐにフェードアウトしてしまうことが多かったです。

でもこの本は何気なく手に取って中身を見てみると
「創造性」と「論理」がペアで議論されているところに興味を持ち、購入してみた。

この本から得たい情報は
「論理的に考える技術を向上させるために、日常的に取り組める手法」

本の前半は
1、読む
2、書く
3、会話
に分解して、これら3つをスムーズに行うための要素として
「論理」と「他者意識」に分けて展開。(この「他者意識」というのがどうもピンとこない)

後半は物事を記憶したり理解したり、アイデアを出したりする、いわば「考える力」の要素として
「論理」と「創造性」をペアで議論。
両者が相乗効果を発揮してこそ価値のある「考える力」が育つと結ぶ。

前半部のコミュニケーションに関しては、
コミュニケーションの論理構成は以下のどちらかで成り立っているとのこと。
1、結論(主張)
2、それが成立する具体例
3、結論と具体例が結びつく理由
もしくは
1、具体例
2、結論(主張)

この構成を意識して読み書きすることが論理的な思考を向上させるのに有効だとしている。
ただし「会話」については、これらに加えて
「他者意識」「相手を思いやる気持ち」など、感情的な側面の重要性を主張。

後半部に関しては、「論理」と「創造性」について。
論理と創造性は排他の関係にあると無意識に感じてしまう傾向があるけど、
この本では、
互いに相乗効果を発揮してこそ「考える力」として機能する
と主張しているところが勇気付けられました。
「論理力」を万能な力だととらえていないところがとても良いです。
論理力と想像力が互いに刺戟しあう力だと思えば、
もっと日常的に論理力を向上させる努力と実践ができそうだなー。


スポンサーサイト
  1. 2013/08/05(月) 21:45:59|
  2. ビジネス書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<08/19のツイートまとめ | ホーム | 内向型人間の時代 スーザン・ケイン(著)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takezoumurakami.blog101.fc2.com/tb.php/120-731f9a75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。