結果的にメンタルの記録が多い

ビジネススキルを伸ばすための実践記録とWEB・スマホ開発など仕事のはなし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

休んでました

どれだけサボってたか・・
4月下旬は仕事プレッシャーと身体の疲労が絶好調だったのでしょう。
最後にブログを更新した5/1の翌日5/2に
39度5分の熱が出て、無理して出社するも仕事にならずタクシーで帰宅。
そのまま1週間熱が下がらずGW明けも数日間仕事はお休み。

寝込んでいる間は本当に熱が下がらずに
「このまま職場には行かなくなるかもな・・・そしたら・・辞めよう」
「もしかしてこれがウワサのUtsu状態なのか?!」

なんとか熱が下がった5/9から出社するも、
それから2週間はとにかく朝はギリギリの時間まで起きれない。
起きても心は恐怖に完全に支配されている無気力状態。
ついこないだまでは少しモチベーションが下がったと感じるときは、自分で編み出した
自分の思考を乗り越えるのに効果的な方法
を実践してたのに、本当に余裕が無くなるとそれすら実行する気力が無くなります。
そして帰宅すると酒を飲んでしまう。
創作活動のことなんて考えただけで気が重くなる。

そんな感じで苦しんだ一か月も無駄にはならず、ようやく心身ともに元気を取り戻してきた。
元気を取り戻していく中で一番効果的だったのが
「おれは自由だ」
というフレーズ。

トラブル、納期その他諸々に対する恐怖で、朝職場に向かう足取りが重くなったとき、
仕事サボって好きな映画を一人で気楽に観に行くことを鮮明に映像として想像すると
気持ちが軽くなり、更に
「今日だけサボって映画に行くのも、
出社してビクビクしながら手を抜いて仕事をするのも、
伸び伸びと全力で仕事をするのも、
今日辞めて毎日映画を観に行くのも完全に自分の自由に決めて良いんだよな。そういえば」
ということが腹に落ちました。当たり前だけど。

「行かなきゃいけない」「仕事しなきゃいけない」なんて誰が決めたんだ?
自分の意志で自由に決めればいい。
心が「逃げたい」と叫んでれば逃げろ。サボれ。というかサボることが必要だ。
そのうえで
「今日はどうしようか?」
と自分に問うた時、自然に
「仕事場へ行こう」
となることが殆どだった。
そしてある一日は本当に映画を観に行った。

好きなことをやっていい。自分の意志に従えばいい。
という考えのおかげで、すっかり心は軽くなってます。

スポンサーサイト
  1. 2013/05/26(日) 21:21:52|
  2. メンタル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。