結果的にメンタルの記録が多い

ビジネススキルを伸ばすための実践記録とWEB・スマホ開発など仕事のはなし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

論理的に考える技術 出口汪(著)

論理的に考える技術 出口汪(著)

論理的な思考よりも直観的、感覚的な思考が多い僕は問題や課題の扱いが苦手。
「論理思考」というと、どうも無機質で面白味のないイメージを持っているせいか、
(仕事で求められるにも拘らず)自分の中で軽視している部分があるのが苦手な理由の一つです。
でも「大人の世界」は基本的に「論理の世界」なので
論理に弱いと損をしたり認められないことも多いのでなんとかしたい。

そのために今までも何冊か論理思考の本を読んでみて勉強してはみたけれど、
「なるほど」と思って本に書いてあることを実践してみても、
どうもしっくり来ず、すぐにフェードアウトしてしまうことが多かったです。

でもこの本は何気なく手に取って中身を見てみると
「創造性」と「論理」がペアで議論されているところに興味を持ち、購入してみた。

この本から得たい情報は
「論理的に考える技術を向上させるために、日常的に取り組める手法」

本の前半は
1、読む
2、書く
3、会話
に分解して、これら3つをスムーズに行うための要素として
「論理」と「他者意識」に分けて展開。(この「他者意識」というのがどうもピンとこない)

後半は物事を記憶したり理解したり、アイデアを出したりする、いわば「考える力」の要素として
「論理」と「創造性」をペアで議論。
両者が相乗効果を発揮してこそ価値のある「考える力」が育つと結ぶ。

前半部のコミュニケーションに関しては、
コミュニケーションの論理構成は以下のどちらかで成り立っているとのこと。
1、結論(主張)
2、それが成立する具体例
3、結論と具体例が結びつく理由
もしくは
1、具体例
2、結論(主張)

この構成を意識して読み書きすることが論理的な思考を向上させるのに有効だとしている。
ただし「会話」については、これらに加えて
「他者意識」「相手を思いやる気持ち」など、感情的な側面の重要性を主張。

後半部に関しては、「論理」と「創造性」について。
論理と創造性は排他の関係にあると無意識に感じてしまう傾向があるけど、
この本では、
互いに相乗効果を発揮してこそ「考える力」として機能する
と主張しているところが勇気付けられました。
「論理力」を万能な力だととらえていないところがとても良いです。
論理力と想像力が互いに刺戟しあう力だと思えば、
もっと日常的に論理力を向上させる努力と実践ができそうだなー。


スポンサーサイト
  1. 2013/08/05(月) 21:45:59|
  2. ビジネス書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

内向型人間の時代 スーザン・ケイン(著)

「内向型人間の時代  スーザン・ケイン(著)」
内向型の自分としては、タイトルを見た瞬間食いつきました。
コミュニケーションスキル専門学校に通ってしまうくらい、
「内向型から外向型に変化すべきだ」
と無意識に感じていることだし、コンプレックスにも感じている部分でもあります。
そこへ
「むしろ内向型の方が良いよ。これからの時代」
との趣旨のタイトルを見たらとても気になります。

ところで、この本から得たい情報は
「内向型が活躍(?)できるこれからの時代とはどんな時代?」
「(恐らく)内向型人間(である自分)が伸び伸びと力を発揮するために必要なことは?」
この2点の足がかりを得ることに絞りました。

・内向型が活躍(?)できるこれからの時代とはどんな時代?
まず、一点目の
「内向型が活躍(?)できるこれからの時代とはどんな時代?」
については、特に書かれていませんでした。
よくよく表紙を見てみると、原書のメインタイトルが
「Quiet」
サブタイトルが
「The Power of Introverts in a World That Can't Stop Talking」
となっていました。
要は
「皆が喋りまくる騒がしい世界での内向的な人の力とは」
ということで、これからの未来の時代背景を語るものではないようです。

・(恐らく)内向型人間(である自分)が
伸び伸びと力を発揮するために必要なことは?

これについては、「自分にとってのブライトスポットを見つける」。
ブライトスポットとは、その人にとって刺激が強すぎず、かといって退屈でもなく
安心して適度な刺激が感じられる環境、状況のこと。

こういうリラックスできて、かつ退屈でもない環境でこそ人間は力を発揮できるから、
なるべくそういう環境に自分の身を置きましょう。とのこと。
そうは言っても、息が詰まるような職場に通わなければ生活が成り立たないし、
ストレスの多い育児は生活そのものじゃないか。そういう人はどうすりゃいいんだ?
という当然のジレンマに対しては
「コントロールできない環境については、少しずつ段階的にストレスを乗り換えられるように
仕組みや感情をコントロールする」
ということが効果的なようです。

例えば
「苦手な先輩がいるせいで職場に馴染めず、強いストレス」
を感じて、職場がブライトスポットからほど遠い場合、
自宅勤務可能にするように職場に掛け合ってみながら(仕組み)、
苦手な先輩の良いところを見つけて見方を変える努力をしたり(感情)、
それでもだめなら、転職活動する(仕組み)など。

要は(自分にとって)最適快適な環境を可能な限り主体的に作りつつ
コントロールできないところは環境に少しずつ適応しながら
快適な環境の範囲を広げていく。そんなところのようです。

ただ、
「外向的」「内向的」をデジタル的にきっちりと分類することに
若干の強引さと違和感を感じた。


  1. 2013/08/03(土) 19:23:25|
  2. ビジネス書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フォトリーディング

先日、知り合いの方主催の「フォトリーディング勉強会」に参加してきました。
フォトリーディングとは、本に書いてある「文字」を「読む」のではなく
「映像」としてページごと「見る」という面白い方法です。
数年前、神田昌典さんの著書「あなたも今までの10倍早く本が読める」を読んで以来、
数冊試してみて
「なるほどこれは効果がある」
と頷きながらも「読む楽しさ」や「ラクさ」で比較すると、
従来の普通の読書法の方が勝るのでずっとサボってました。

フォトリーディング認定者による講座に参加してみようか?!と思いつつも、
二日間で10万円以上という、
ちょっと小遣い額を超えてしまってるので、
「いつか本格的にやってみよう」という中途半端な宙ぶらりん状態が続いてました。

そこへ2時間の講義(実践含む)で2千500円という
超良心的な参加費での勉強会が開催されるとの情報を得たので早速参加してきました。
やっぱり本で情報を得るよりも、人から直接教えてもらった方が腹に落ちる感があります。

講師の方によると
「始めのうちはなるべくハードルを下げて、一日一冊程度を目標に始めてみて下さいね」
とのこと。
一日一冊でも十分にハードルが高いので(僕にとっては)、感覚的には二日で一冊程度かな。
早速2冊読んでみましたが、やっぱりこの方法とても良い。
参加して本当に良かった・・

フォトリーディングの前提ルールとして
「その本から得たい情報(目的)を明確にする」
「キーワードと思われるものを直観的に抜き出して、そのキーワードに関する質問を作る」
「得た情報はアウトプットする」
この3点が自分にとってすごく効果的なようです。

なので、まずは3点目の「アウトプット方法」として
「二日に一冊読んだ本から得た情報をブログにUPする」
これを目標にしてみよう。
さて、いつまで続くか・・・

  1. 2013/08/03(土) 18:26:07|
  2. ビジネス書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スタンフォードの自分を変える教室

この本は大まかな概要がメルマガで紹介されていて、すごく良さそうだと感じたので迷わず購入。
それほど薄くはないけど、数日で読み終えてしまうくらいに読みやすく、内容も充実してました。

ぼくは「良書」と感じる本はボロボロになるまで何十回でも読み返すんですが、
この本もボロボロになるまで何度も読み返して体に染み込ませる価値があると感じました。
ちなみに今までで一番繰り返し読んだのが「7つの習慣」です。

人間の脳の構造や心理学等、学術・科学的な観点で
「欲望や誘惑に打ち勝ち、自分の行動をコントロールする手法」
について述べられています。

そして、欲望や誘惑に打ち勝ち、自分の行動をコントロールするために最も効果的なのは

・「自分が長期的に何を目指してるのか」を意識する
・「目先の誘惑に対する本能的な欲求」を認め、それを観察する


この二つを基準になるべくニュートラルな気持ちで意思決定すること。
この二つを実践することで、意志力・行動力が(少しずつ)飛躍的に向上した
という実験結果もたくさん述べられているので、
単純な自己啓発本よりもはるかに説得力もあり、腹に落ちてくる感覚があります。

すごくおススメです。

しかし著者のケリー・マクゴニカルさんは女優のように美人です。
最近はスポーツ選手もみんな美人だし、
街を歩いていても女の人が芸能人とさほど変わらないように感じるようになりました。
歳のせいか・・?
二十歳の頃、バイトしていたラーメン屋のマスター(当時37歳)が
「おれくらいの歳になるとな、お前くらいの歳の女の子は全員可愛いんだよ」
と言っていました。
そんな僕も現在37歳。

  1. 2013/02/27(水) 07:36:03|
  2. ビジネス書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もっと自由に働きたい  (著)家入一真

今日は正月休み最終日。コミュニケーショントレーニングも無いので書評を書きます。
タイトルのこの本は半年以上前に会社での昼休みに外に出て、
ぶらりと立ち寄った本屋でなんとなく手に取ったのが出会いです。

この時期も、個人で開発しているWEBサービスやスマホアプリを
会社での昼休み時間中にシコシコと実装していたのですが
この時はちょうど会社での仕事がうまく進められずに苦労していた時期で(今もだけど)、
昼休みになっても不安ばかりで個人的な開発の仕事に全く集中できませんでした。

どうしようもなく不安な時悲しい時等、現実から逃避したいときの僕は
「寝る」
という習性がありますが、仕事したいのに不安に惑わされて寝てしまうというのは
どうにもこうにも悔しいしなによりももったいない。
こんな時に寝て、起きたときはスッキリ!なんてただの一度もない。
かといってソースコードを前に手は動かずマブタは重くなる一方・・

なのでこういう時には
会社の外に出て、落ち着ける場所で少なくとも本を読む。
という苦肉の策を実行してます。
これをやると結構気持ちが落ち着くんです。

この時も昼休み中、どうしても手が動かなかったので会社の外に出て、近くの本屋に立ち寄りました。
本屋さんに入ってビジネス書コーナーの中で、この本はインパクトのある表紙で一際目立っていたので
手にとって読んでみます。

読んでみると、なんでも著者の「家入一真さん」という人は
学生時代は引きこもりで、社会に出ても馴染めず逃げてばかり。
という一般的(?)に言う「(元)ちょいダメ男」のようです。
なんかすごく親近感を持ってしまい読み進める自分が少しだけ嫌でした。

しかも会社に勤めたくない一心で自ら独学でWEBサーバーを立ち上げてサービスを独自開発・リリースする。
という一面も僕に似ています。
数十ページは夢中で読んだのですが、天才的に読むスピードの遅い僕には時間が足りず
ここでタイムアウト(昼休みが終わりに近づいていました)。

最後に巻末の著者プロフィールを見ると、
「起業家/クリエイター」となっていました。
自称(誰にも言ってないけど)「ハイテクノロジー・アントレ・クリエイター」の自分としては
なんともうらやましいというか悔しい。
年齢も近いし(僕の3コ下)写真を見ると髭を生やして、髪の毛の襟足がハネてるところも同じ。

親しみと悔しさを噛みしめながらモチベーションだけは上げてもらったことに感謝しつつ会社に戻りました。

そんなこんなで本に書いてあった情報そのものは殆ど憶えてなかったけど、
「家入一真さん」という著者の記憶はなんとなく頭の片隅にあり、
その後雑誌やネットでしょっちゅう見かけては「スゴイな~」と思ってました。

そして数週間ほど前にはFacebook上でも見かけたので、
フィードを購読してるうちに本人に会ってみたくなり
ダメもとで「友達申請」と共に暑苦しくない程度に熱いメッセージを送ってみると、
驚いたことに「会いましょう!」と返信が!!

喉から熱が出るくらいうれしかったです。

そしてその翌日、コミュニケーショントレーニングを受講した帰りに
家入さんの著書を二冊買って帰り、昨日と今日はむさぼるように読みました。

面白い!!

「書評」なのに、これだけ書いて「面白い」としか言ってない。
昨日も書いたけど、思いついたことを並べ立てる悪い癖が出てしまったので、整理してまた明日・・

  1. 2013/01/06(日) 21:32:01|
  2. ビジネス書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。