結果的にメンタルの記録が多い

ビジネススキルを伸ばすための実践記録とWEB・スマホ開発など仕事のはなし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

怖くてもぶちまける

先日、ソフト設計でうまく動作せずにハマってしまった箇所が出てきました。
僕の場合、人に相談するタイミングは本当にどうしようもなくなって身動き取れなくなってから。
ということが多い。
気難しい人に相談するとダメ出しされたり、逆に質問攻めにされたりするのが面倒くさい(怖い)から。
だからギリギリまで自分一人で悶々と悩む。

でも最近はなるべく人に相談するように意識・行動してます。
やっぱり怖くてもぶちまけると、
「あ~、そんな方法もあるか・・」
と開眼するようなことも意外と多い。

逆にもし質問攻めにされて困る箇所があれば、
そこは検討が不十分だから検討する余地ありの可能性もあし、
重箱の隅をつつくようなウザい質問やダメ出しは聞き流せばいい。

そんな想いで「こんなの人に相談してもわからないだろ・・」
とさじを投げてしまうようなハマり箇所を進捗会議でぶちまけたところ、
課長が「○○さんが経験してるはずだから聞いてみたら?」と小さな提案をしてくれました。
「あー、あの人ならわかるかも!」
と進捗会議の後ですぐに相談しに行くと、5秒で解決。

やっぱり一人で悶々としたあとに相談すると、
解決の可能性は基本的には必ず上がるし
解決しなくてもかなり精神的にスッキリする。
というかそもそも、
相談しに行っていきなり評論家口調でダメ出ししたり、
質問攻めにされたりすることってそれほど多くはない。

そんな実感も、自分1人で取り組むのは効果的ではないと直観したら、
とにかく人にあたるように経験を積み上げている結果なのか!?
そう思うこととしよう。
スポンサーサイト
  1. 2013/04/28(日) 09:51:01|
  2. コミュニケーションスキル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どうしようもない・・・

会社で書いたソフトがどうにもうまく動かない。
原因を探ってみると、
「あー、これはもう原理的にどうしようもないや・・」
と半分さじを投げた気持ちになってました。

ハマっている事実を進捗報告会で暴露すると(これが意外と勇気がいるものです)
「この機能って他のモデルで実装した実績はある?」(上司)
「恐らく○○モデルで実装したことがあるはずです」(自分)
「○○モデルなら、Aさんが何かアイデア持ってるかもしれないから聴いてみたら」(上司)

小さな提案だけど、進捗報告会が合わると同時にAさんに相談。
「××の機能でうまく動かせなくて悩んでるんだけど、○○モデルでそうやって実装してたか
アドバイスもらえますか?」(自分)
「あー、それなら△○◆の方法で実装してますよ」(Aさん)

霧が晴れたように解決方法が見つかりました。
昨日は
「どうしようもない」と悩んでいるときほど、
相談すると周囲の人は助けてくれるて芋づる式に解決方法が見つかることを実感した一日。

  1. 2013/04/10(水) 08:13:42|
  2. コミュニケーションスキル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コミュニケーショントレーニングの効果

今日は「聴く力トレーニング」に参加。
とても楽しく受講できました。
先日受験した、
「コミュニケーショントレーニング検定」
も本当に楽しかった。
緊張感の中、スピーチや議論を試験官の前で実践することが楽しいと思えるとは自分でもびっくり。

ここ最近、仕事でも私生活でも人との対話が楽しいと思えるようになり、
気付いたら勉強会やセミナー、コミュニティに参加することも
「恥ずかしい」と思わないようになっていることが自分の中での一番の進歩です。
スキルうんぬんはあんまり気にしない。
やっぱり気付きや刺激は人との対話の中で一番得るものが多いのかもしれないと感じます。

相変わらず話してるときに慌てたりシドロモドロになることは多々あるけど、
そういう表面的なところは気にしないようになり、逆に個性として受け入れつつある。
別にイイや。細かいところは。と。

今日の講義の中で
「後輩の指導をする際には、相手を納得させようとあまり硬くならずに
友だちの話を聴く感覚を想い出して。
仲の良い友達がどんなことを考えてるか興味を持ちながら話をするでしょう?
相手から考えや解決策を引き出すときはそれと同じが良いんです」

なるほど。
基本は学生時代に気心知れた仲間と夢中で話していた感覚で良いのかもしれない。
ただ、学生時代の気楽で無責任なコミュニケーションは本当に楽しいけど、
大人から見るほど楽ではなく苦労も多い。
学生時代は感情だけでコミュニケーションとってるから、
ケンカしたり感情的にトラブルが起きたときに対処するのも感情。

だから大人はそこに価値観や論理というルール・秩序で道筋を整えて粛々と前進する。
こんな感覚で良いのか・・?
なんだかよくわからない。でもきっとそんな感じだ。多分。

  1. 2013/03/24(日) 23:17:28|
  2. コミュニケーションスキル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

伝染

昨日はグループリーダーに夜中の帰り際に
「明日もよろしくお願いします」
と言われたのがプレッシャーを和らげてくれてなんかうれしかった。

なので自分の帰り際にも、
昨日からサポートに入ってくれて色々と協力してくれるベテラン開発者の人に
「佐野さん、明日もまたよろしくお願いします!」
と感謝をこめて元気よく言ったらすごくうれしそうにしてくれた。

感謝の伝染は気持ちが良いし、プレッシャーが和らぐので効果的だ。
  1. 2013/03/19(火) 04:35:58|
  2. コミュニケーションスキル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

話す力トレーニング

久々にコミュニケーショントレーニングを受講してきました。
今日は「話す力トレーニング」を受講しました。
やっぱり上手な人とペアを組んで実践するとすごく勉強になります。

特に感じたのが、若い女の子とペアを組んだ時。
その女の子もすごくわかりやすい話し方で勉強になったんだけど、
一番勉強になったのが、その聴き方でした。

その女の子と話を始めたらすごく自分の調子が良くて
「おれ、上達したかも・・」
と話をするうちにどんどん言葉が出てくるシーンがありました。

若い女の子を前にして本能的に頑張っているのか・・とボンヤリと考えつつも、
その聴き方に特徴があることに気付く。
表情豊かに
「なるほど、そういう考え方・・・」
「それは気付かなかった・・・」
取って付けたような笑顔と言葉で返したり、
教科書通りにオウム返しするのではなく
自分の言葉と表情で返してくれるところに安心感と期待感を持って気分よく話せたのかもしれない。
と勉強できたトレーニングでした。
  1. 2013/02/24(日) 05:33:06|
  2. コミュニケーションスキル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。